MENU

メールアドレス収集ロボット対策プラグイン Email Address Encoder

記事中に記載したメールアドレスは何の対策をしないでいると、悪質なメールアドレス収集ロボットに盗まれてしまう危険があります。そんなとき、メールアドレスを悪質収集ロ ・・・

メールアドレス収集ロボット対策プラグイン Email Address Encoder

当サイトの「当サイトに関して」というページでは、問合せ先にメールアドレスを記載しています。

 

info@hoge.com

 
のように、メールアドレスを直接記載しています。

 
記事中に記載したメールアドレスは何の対策をしないでいると、悪質なメールアドレス収集ロボットに盗まれてしまう危険があります。

 
悪質なメールアドレス収集ロボットで上記のようなメールアドレスを収集されてしまうと、迷惑メールが嵐のように送られてくることになりかねませんね。

 
 
以前は対策として、「@(アットマーク)」のみを全角表記にしたり、画像で対応していました。

 
しかし、サイト訪問者にとっては、コピーして利用したいのに、わざわざ利用を難しくしてしまいます。対策が、ユーザーにとって不親切になってしまうのです。

 
そんなとき、メールアドレスを悪質収集ロボットから保護してくれるプラグイン「Email Address Encoder」を利用することで簡単解決します。

 
 

Email Address Encoderプラグインのインストールと有効化

管理画面の「プラグイン」ー「プラグインの追加」から、「Email Address Encoder」で検索インストール・有効化してください。

 

 
この記事を公開した時点では、WordPressの最新バージョンに対応しています。
プラグインは定期的にバージョンアップされているようですね。

 
 

Email Address Encoderプラグインの設定

「Email Address Encoder」プラグインは設定画面がありますが、特に変更する部分は無く有効化するだけで機能を発揮します。

 
 

Email Address Encoderプラグイン設定の効果

下記のような、当サイトの「当サイトに関して」というページに記述したメールアドレスのソースはどの様に保存されているのでしょう。

 

 
ソースを覗いてみると、次の様に保存されていました。

<div class="framed-text blue">
<strong style="font-size: 1.5em;">wo&#114;&#100;&#112;&#x72;&#x65;&#x73;
&#x73;&#64;j&#112;&#45;&#115;&#x6f;&#x66;&#x74;&#x2e;co&#109;</strong>
</div>

全く、メールアドレスの表示はありません。
このように、悪質収集ロボットから保護してくれているのです。

 
もし、これでも不安と思われる方は「問い合わせフォーム」等の利用を検討してください。

 

HOME


関連コンテンツ



コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA