WordPress
ホーム > WordPressについて > WordPressとテーマ作成の経緯

WordPressとテーマ作成の経緯


私がブログに出会ったのはWordPressが先だったのですが、当初は技量不足で垣根が高く、すぐに利用を諦めてしまった経緯があります。その後、ネットセミナー等でMovable Typeを知る機会があり、それ以来Movable Typeでサイト構築をしてきました。

最初が悪かったのか、WordPressは知っているものの、アフィリエイトサイト作成に利用するなど考えもしませんでした。
ところが、いろいろ情報を集めてみると、WordPressが世界標準のブログシステムと書かれていることが多く、世界はWordPressかと認識するようになりました。
なぜ、アメリカでWordPressがMovable Typeに取って代わったのか、小粋空間さんの「Movable Type が WordPress に負けた本当の理由」を拝見して納得しました。機能的な問題ではなく、ライセンスが問題だったのですね。

 

今年、Movable Type 4(以下、MT4と省略します)が発表されると同時に、「今秋、Movable Typeのオープンソース版(MTOS)をリリースする」ということも同時に発表されています。この対応は、MTとWordPressに差が無くなることを意味するのか、それとも機能面でWordPessが優位に立つのか、興味があるところです。
この問題に関しては、藤本氏(The blog of H.Fujimoto)が、「Movable Typeオープンソースで状況は変わる?」で解説されていますので参考にしてください。

 

1月半ほど前になりますが、WordPressを「使ってみようかな」と軽い気持ちでサーバにインストールしてみました。WordPress Japan から提供されている WordPress ME 2.2.3 です。これが意外と簡単です。また、テーマの切り替えもすごく簡単にできます。Movable Type はテンプレートのコピー&ペーストを繰り返し行って設定します。複数のサイトを作成するときなど本当に大変ですね。
その点、WordPressはアップロードして切り替えのボタンを押すだけです。実に楽に感じました。初心者には嬉しい機能でしょう。

 

それなら、MTと同じテンプレート(WPではテーマと言うようです)を作成できるか、挑戦してみようと思ったのがテーマ作成のきっかけです。使っていただけないと評価のしようがないでしょうが、自分としてはMTのテンプレートでいただいている評価以上に仕上がっているような気がします。
結論として、MTもWordPressも同じように使えるということです。SEO的にも問題が無いようですし、使ってみる価値はありますよ。もちろん、当サイトのテーマを利用したアフィリエイトで!

 

WordPressテーマV12.5特別版



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA